税務調査に強いお薦めの税理士|国税の税務調査の確率は

MENU

税務調査に強い税理士紹介します

税務調査に強い税理士紹介します

日本で企業経営を行う場合、忘れてはならないのが税務調査の存在です。

 

税務調査とは、その名の通り企業の税務が適正に処理されているかを調査するために行われるもので、数年ごとに対象となるケースが多いです。

 

そもそも日本では、法人税などの税金は申告制を採用しています。今期はこれだけ利益があったので税金はこの額支払います、という申告を企業側が行い、申告に基づいた税金納税することになるのです。

 

中には利益を隠したり不適切な計上をして税金逃れをする企業もあるため、平等性の観点から国の担当部署が申告内容について厳しくチェックを行う必要があります

 

宣伝:おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

税務調査は強制調査任意調査に分かれており、一般的な企業へチェックの意味で行われるのは任意調査に当たります。調査対象となる企業は国が決定し、企業側へは顧問税理士や経営者などに電話で調査に入る旨の事前連絡があります。

 

一般的な任意調査の場合は日程もある程度企業側が指定できるため、余裕を持った日程をお願いすることで十分な準備をすることもできます。

 

ただ、脱税が強く疑われる企業や飲食業など顧客との直接現金決済が多い企業などは、対策を取られないように事前連絡が無く抜き打ちで行われることもあります。

 

税務調査は税務処理の専門家である国税庁の監査官が厳しく行うため、たとえわざとでなくても指摘事項が見つかることも多くあります。疑わしい箇所があれば取引先やメイン銀行などにも聞き取りなどの調査が行われることもあり、相手に不信感を持たれてしまう事にも繋がります。

 

企業経営は信頼や健全性が命と言っても過言ではないため、もし調査で指摘事項が多かったり重加算税を課せられたりすると、今後の経営にも響きかねません

 

このため、出来るだけ普段から適切な税務処理が行われるよう、きちんとおすすめ税理士と連携してチェックを行っておくことが必要です。もしおすすめ税理士がおらず、調査の連絡が入ったとしたらすぐに税務調査に強いおすすめ税理士を見つけて対応することが大切です。

 

周囲に評判の良い人が見つからない場合おすすめなのは、税理士エージェントという人材紹介サイトを利用すると便利です。

 

おすすめできる有能な人材が揃っているのはもちろん、調査対策のスペシャリストともいえるおすすめで強い人材も見つけることができるので、おすすめですし、心強い味方となってくれます

 

調査に入る日程にはできるだけ余裕を持たせておくのが、きちんとした対策を取る秘訣となるので注意しておきましょう。

 

備考>おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

税務調査への対策には税理士エージェントで税理士を紹介してもらい相談した方が良い理由

税務調査に強い税理士紹介します

税務調査とは日本の場合法人税所得税においては申告制となっているためそれが正しく納税されているかどうか調べるための調査です。

 

税務調査には二通りの調査があり任意調査強制捜査です。このうち悪質と思われるケースは強制調査が行われます。担当は国税局査察部(マルサ)です。

 

一般的には任意調査が行われます。中小企業の調査担当は税務署ですが大企業の調査担当は国税局調査部が行っているのです。

 

原則的に調査には事前調査の予告の電話が顧問税理士か会社に連絡が入りますが、小売業や飲食店など不特定多数の業者と接触があり現金決済をしていた場合や会社が重加算税の対象となる仮想隠蔽(脱税)を行っていると疑われている場合は無予告で調査が行われるケースもあります。

 

こうした場合はやはり日頃からの税金対策を行っている必要があります

 

基本的に税務調査が行われるのは問題(追徴課税)がありそうな会社です。前回調査から3年たっている(企業設立から3年経過している場合でも)が調査の対象となるケースです。

 

またこの期間未満でも申告において異常計数が報告されている場合や資料情報があるため早く実施しなければならない時は1年、あるいは2年でも調査対象となるケースがあります。

 

リンク=おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

申告においての異常計数が多い会社とは例を挙げると売り上げ拡大しているにも関わらず営業利益が落ちている場合申告所得が減少しているケース、例年に比べて経費計上が多い調査の対象となる場合があります。

 

前回調査で脱税を行っていた場合(重加算税対象)調査の対象となる可能性が高いです。これは是正状況において確認するためでもあります。

 

また長期未実施の場合でも定期検査の意味調査が入るケースがあります。税金は全国民の義務であり正しく収める必要がありますが、きちんと売り上げを計上し利益を出し申告する税金を計算するのはやはりプロのおすすめ税理士がやるのがいいのです。

 

申告する税金でも経費として計上できるものとそうでないもの、また自分ではお金の流れが全部把握するのは企業の経営をしながらお金の流れもパソコンなどで計上するとしても時間の無駄と言えます。

 

時は金なり」といいます。西洋ではお金と時間は同じぐらい貴重だといいますが、日本の場合は時間はお金よりも貴重なものという意味で考えられています。

 

少しでもお金をやりくりしたいというならやはり税金の面ではプロのおすすめ税理士が行うべきであり、脱税と思われるのは企業の信用においてもよくはないのです

 

参考:おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

個人事業主でも税理士に依頼した方が良い理由

税務調査に強い税理士紹介します

個人事業主として起業したばかり頃は、夢と希望に燃えると同時に何かと不安になりがちです。確定申告も不安のひとつといえるでしょう。

 

「おすすめ税理士に任せたいけど、費用がどれくらいかかるのか」「会計ソフトを利用すれば、自前で確定申告できるのではないか」など。

 

個人事業主が、おすすめ税理士に依頼した方が良いおすすめ理由は、三つあります。おすすめ理由一つ目は、本業に専念できることです。本業をこなしつつ、不慣れな経理業務もこなすのは、簡単なことではありません。

 

結局確定申告間際になって、慌てふためくことになりかねません。おすすめ理由二つ目は、おすすめ税理士に依頼した方が、正確な確定申告書が作成できることです。「会計ソフトさえ導入すれば何とかなる」とは考えない方が良いでしょう。

 

複式簿記や勘定科目の知識がなければ、会計ソフトを使うことすらままなりません。おすすめ理由三つ目は、おすすめ税理士から確定申告書以外のアドバイスが期待できることです。

 

税額控除等の税法上のメリットは、普段から勉強していなければ、なかなか気づかないものです。その点、おすすめ税理士ならば的確なアドバイスをしてくれるでしょう

 

個人事業主として起業したばかりの頃は、「極力コストを抑えたい」という気持ちは分かります。ですが、ここは発想を転換をして、「税理士費用など、本業で頑張って稼ぎ出せば良い」と考えましょう。

 

あなたは、あなたにしか出来ないビジネスがあるはずです。同様にのことは税の専門家に任せた方が、効率が良いですし、おすすめで、結局コストも抑えられます。やはり「餅は餅屋」なのです。

 

口コミ(おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します)

 

国税局の税務調査とは?

 

会社で経理をやっている人は国税の税務調査が会社に入った場合に対応する立場となるので、国の税務調査に関して知っておくと心構えが違ってきます。

 

国税の税務調査とは、申告された金額が正しいかを調べられます。調査に入られる対象となる会社は、追加で税を徴収できそうな会社です。

 

売上が良いのに申告された利益や所得が少ない、経費の計上が通常の年よりも多く申告されている、加算税対象となりえる問題を抱えているといった会社は調査対象となる可能性が。

 

これまでに国税の税務調査が入った経験がある会社でも、3年以上年数が経過しているのなら再び調査が入ることもあり得ます。自分の会社が調査の対象に入りそうな状況なら、調査が入った場合にも対処できるよう考えておくようにします

 

国税の調査は悪質な脱税の可能性がない会社なら任意の調査となりますが、前に連絡なく抜き打ちで来ることがあるので普段から対策をしておくと安心です

 

税務調査の流れとしては、会社の帳簿の調査を中心に行われます。帳簿調査のほかにも現金監査現況調査が行われる場合もあり、必要に応じて銀行が取引先まで事実確認に行くことがあります。

 

国税は調査に入る会社の社長・役員・従業員の収入状況まで事前に把握するようにしており、調査は多岐にわたって入念にされます。自分の会社に調査が入った時のことを想定して、帳簿内容の確認現在の会社の資金状況なども説明できるようにチェックしておくようにしましょう。

 

PR☆おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

税務調査に強い税理士とは?

税務調査に強い税理士紹介します

税務調査に強いおすすめ税理士とは、どういう税理士を指すのでしょうか

 

単に国税局のOBだったり、税務署上がりだけでは、顔がある程度、利くかもしれませんが、税務調査に強いとは断言できません

 

もともと不正を取り締まる立場の、国税局職員税務署職員であったのであれば、私的感情では、仕事はできないと感じているはずです。国税局のOBや、税務署上がりだけでは、税務調査に強い弱いは関係ないということです

 

税務調査に強いということは、日々の積み重ねで、毎月の巡回監査を確実にして、決算の時の申告書は不備のないように精査でき、厳しいくらい企業を指導し、調査が来ても否認事項のないように会計処理できる税理士なのです

 

企業側も税金は極力、払いたくないので、税金を払うべき状況になったときには、しっかり納付するよう説得ができ、普段からの帳簿の記帳や管理・指導をできなくてはならないのです。

 

いざ税務調査の場面になったとき、調査官の指摘明確な答えを出し、税務署よりの考え方ではなく、企業側の立場に立ち、税金を取られないように、交渉してくれる税理士が調査に強いのです

 

調査官の圧力に負けてしまったり、交渉下手では企業から頼りないと思われ、顧問契約を解除されることもあるのです。調査官と真っ向から、戦う姿勢を見せなければ、お払い箱となるのです。

 

性格的にお人好しで、争いごとの嫌いな人は、税理士には向いていないかもしれません。ただ、正確に決算をし、申告するだけでは当たり前で、「頼られる先生」と呼ばれるように、自分を磨かなければならないのです。

 

注目です!おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

調査が入れば、まず間違いなく税金がとられるというのが世間の評判で、税金を1円も払わずに結果を出すことは、並大抵ではなく、日々の努力と忍耐が必要なのです。税務署も調査が入るのは、確実に税金が取れると調べ上げて調査に来るわけで、追徴課税が0ということはありえないのです

 

修正申告の発生しない適正申告をしている先生は企業にとってありがたい存在で、企業は何よりも調査を恐れているのです。調査も経験がものをいい、感情的にならず冷静な判断ができなければなりませんし、かといって調査員の言いなりではいけないのです

 

調査官に対して挑発的な態度をとるのはご法度で、回答を二転三転すると調査官に信用をなくしてしまいます。税務署は税金を徴収する機関で、それで国の財政を担っているのですから、厳しい税金徴収機関となるのは当たり前なのです

 

評判*おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

税務調査は個人事業主にも来るの?

税務調査に強い税理士紹介します

税務調査は、個人事業主のもとにも来ます

 

ただし、その確率というのは非常に低く国税庁が発表する実施調査率で言えば個人事業主に対しては1パーセント程度となっています。

 

これは100年に一度調査に訪れるというレベルになっているので、普通にしていればまず調査に入られないと考えるのが普通です。

 

これだけ低い理由としては、調査対象に対して税務署員の数が足りていないため全てを調査することは不可能であるため、ほんのごくわずかな相手しか調査をされないのです。

 

そこで、問題となるのが1パーセントに当たる個人事業主はどのように選ばれているかということですが、選ばれる理由は発表されていませんが、税務調査はコストがかかるものですからそれに見合う成果が得られないのであれば、調査に踏み切れないものです。

 

つまり巨額の脱税をしている疑いが強いといった場合や、不正をしている可能性が濃厚といったものを重点的に調査することになりますから、不正をしている人ほど税務調査に入られる可能性は高く、逆に正直に申告をしている人に関してはほぼ税務調査に入られないといえます。

 

だからといって普通の個人事業主の元に税務調査に入らないかというとそのようなこともなく、コストに見合わない脱税は調査されないとなってしまうと、

 

脱税をされ放題となってしまいますから必ずしも規模が大きい場所だけが狙われるとは限らず、稼ぎがそれほどない個人事業主の元にも税務調査に入られる可能性はあるのです

 

重要!おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

税務調査が個人事業主に来る確率は?

税務調査が個人事業主のところに来る確率というのは、1パーセント程度だとされています。

 

これは国税庁が発表する調査をしている割合を表したもので、調査対象の内実際に調査をされているのが1パーセント程度しかないということになります。

 

これを聞くとこんなにも低いのかと思うかもしれませんが、税務署の数に対して調査対象というのは膨大な数があるため、全ての調査対象にまで手が回らないというのが実情と言えます。

 

そして、税務調査を行うにしても巨額の不正を行っている可能性の高い法人などを狙ったり、明らかに不審な点のある申告をしている個人事業主などを対象としているので、それ以外の個人事業主に関しては更に確率が低いといえます

 

逆に言えば、個人事業主であっても明らかに不正をしているであろうと判断される場合であったり、稼いでいる金額が大きければ調査に入られる確率は高くなるといえます。

 

税務調査に強い税理士紹介します

正直に申告をしていれば税務調査も恐れる必要はありませんが、個人事業主の場合、会計の知識がある人ばかりではありませんから、

 

そのような点で悪意はなくても申告の方法が間違っていたということも少なくありません。

 

それだけにやましいことがなくても、なにかミスが有ったのではないかと思うと税務調査がくることを不安に思ってしまうものですが、

 

現実的には確率だけで見れば100年に一度調査に入られるかどうかという程度で、更に単純なミスであれば税務署の指導のもと申告をし直すことで特別お咎めがあるわけでもないので心配はいりません

 

注意・おすすめ!税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

税務調査の対象になるのは?

税務調査の対象になるのは大きく分けて2種類の納税者です。ひとつは個人で、相続税の申告をした納税者です。相続税の申告書を提出すると、税務署の資産課税部門が申告内容が正しいかどうかを調べます。

 

これは誰に対しても行われる調査で、銀行や証券会社などで残高や口座の動きを調べたり、資産運用の状況に関する資料を集め、税務署が持っている国税総合管理システムのデータベースの中にある相続人被相続人それぞれのデータと照らし合わせ、税務調査上の基準に基づいて本格的な税務調査を行う対象を選別していきます

 

対象になりやすいのは、被相続人の家族名義多額の預貯金を持っていたり、職業や収入に対して相続財産が少なすぎたり、多額の海外送金を行っているが海外の財産の申告がない場合などです。また、計算違い解釈違いといったミスによる誤った申告も調査対象になります。

 

もうひとつは会社です。会社に対する税務調査は基本的にはすべての会社を対象にしており、特に疑いがなくても調査が行われます。しかし、その中でもとりわけ税務調査が来る可能性が高い会社があります。

 

最近大きな利益を出している、売上高や利益率に大きな変動が見られる、以前多額の追徴を受けた、脱税が多い業界に属しているといった客観的に見て調査をするべき会社は対象になりやすくなります

 

特に、以前追徴を受けたことのある会社には頻繁に調査が入りやすくなります。また、内部告発があった場合も当然対象になります。

 

おすすめ:税務関係に強いおすすめ税理士紹介します

 

 

 

 

更新履歴